事務作業の手間が省ける|ワークフローシステムが会社に副をもたらす
女の人

ワークフローシステムが会社に副をもたらす

事務作業の手間が省ける

PCと婦人

給与計算の内容

会社を運営する中で、正確な給料を、決められた給料日に支払うことは、基本的な事項です。社員としてもきちんと給料を受け取ることができなければ生活に困るだけでなく、会社に対する忠誠心も失われてしまいます。何よりも、給料を全額、一定期日に支払うことは労働基準法に定められていることですので、当然遵守しなければなりません。しかし、この給料計算も一筋縄ではいきません。社員に給与を支払う場合、給与規則に基づいて支給すべき本俸の額、時間外勤務があれば残業手当を計算します。各種手当の支給に加え、税金や社会保険料等を関係法令に基づいて給与から強制的に控除しなければなりません。これらの事務作業が給与計算と呼がれています。給与計算のもとになるデータの集計、労働時間の集計、総支給額と控除総額の計算により差引支給額を決定し、課税支給額、労働保険料、社会保険料などの控除額の計算、銀行振り込み手続きなど煩雑な手続きが山積しています。そこで、給与計算システムの導入が必要とされます。給与計算システムは煩雑な業務を省力化し、本業への労働力の傾注を実現します。

給与計算の電算化の利点

給与計算は重要な業務ではありますが、会社の運営基盤を支える仕事ですので、生産性がありません。給与計算業務は作業工程が多い仕事ですが、誰がやっても同じ結果を出さなければなりません。この意味においては、誰にでもやることができる仕事ですので、給与計算システムを導入する意味があります。給与計算システムは、専用のパッケージが用意されており、個人情報管理機能、月次給与やボーナスの計算機能、労働保険料や社会保険料の計算機能、年末調整の計算機能などの機能が搭載されています。これをベースにして、その会社の特性にあわせてカスタマイズすることでその会社の給与計算に使用可能となります。さらに、人事制度、人事戦略などの、人事に関わる業務を一括して管理する多機能なシステムもありますので、会社の事情に合わせてシステムを導入することができます。