人事業務の改善|ワークフローシステムが会社に副をもたらす
女の人

ワークフローシステムが会社に副をもたらす

人事業務の改善

男性

業務の選別

ここ最近、企業の人事部門の労務管理が大変複雑かつ負担のかかるものになってきております。かつては従業員は基本的に正社員採用で定年まで終身雇用することが一般的でしたが、最近は期間契約社員、パートタイマー、派遣労働者などの非正規労働者の比率が上がってきました。また、従業員の人事評価もより重要になってきており、従来型の年功賃金から人事評価に基づき生産性の高い者に給与を支払う仕組みへとシフトしつつあります。このような面から、最近では給与計算など負担がかかる業務を給与計算アウトソーシング業者に委託し、人事部の社員は複雑な人事管理業務に注力することが一般的になってきました。給与計算アウトソーシング業者であれば大量の給与計算を迅速かつ正確に行ってもらえますし、マイナンバーなどの給与計算に関係する個人情報管理の面でも安心だからです。

委託するにあたって

ここ最近は、給与計算をはじめとした人事業務全般のアウトソーシングを業とする企業が増えてきました。また、給与計算アウトソーシングは単に給与計算の代行をするだけでなく、各従業員への給与明細の配布や、扶養控除申告書などの年末調整関係書類の配布や回収といった人の手によって行われていた給与関連業務も請け負ってくれるというメリットがあります。給与計算アウトソーシングにあたっては自社の給与規定や実務上の取り扱いを余すところなく伝えることが大切です。給与計算アウトソーシング業者にとって、会社ごとの取り扱いは教えてもらわなければ処理できない事項だからです。そういったことから、給与計算アウトソーシングにあたっては繋ぎ役となる人事担当者が非常に重要になってきます。