社員

ワークフローシステムが会社に副をもたらす

人事と給与による活性化

電卓を使う人

社員のモチベーションを保ち、向上させ、最終的に会社の業績アップにつなげることが、人事給与制度の目的です。限りある人件費と人事ポストを有効に活用するためには、きちんとした業績評価制度の構築が必要不可欠です。

詳細

業務改善システム選択

ウーマン

BPMとの違い

業務効率を改善するためにワークフローシステムを導入する企業が増えています。ワークフローシステムによって、社内で行われている申請と承認の手続きを一元管理してシステム化し、意思決定のスピードを上げることができるという効果を生み出すことができるからです。また書類の電子化やフォーマットの標準化が実現されることによって、様々なコストが削減されたり、セキュリティやコンプライアンスの強化を図ることができるというのも、ワークフローシステムに注目が集まる理由でしょう。同じようなシステムとしてビジネスプロセスを管理するBPMシステムというものもあります。ワークフローシステムが一連の申請・承認プロセスをスムーズにするのに対し、BPMは承認プロセスに関わらず全ての作業工程の中から無駄を見つけて、それを取り除くという目的で利用されています。

業務の流れを管理

ワークフローシステムとBPMは業務プロセスに注目するという点については同じですが、ワークフローが実際の業務処理を取り扱うのに対し、BPMは業務の上流工程を管理するためのシステムです。ワークフローがビジネスにおける具体的な業務等の戦術面を取り扱うのに対し、BPMは経営戦略の立場から業務を分析するシステムであると言い換えても良いかもしれません。そのため両者は並行して利用されることもあります。企業の業務プロセスを抜本から見直す場合や、新しい事業に参入するような大改革を行う場合には、ワークフローシステムとBPMの両方を駆使して、業務を構築していくことが望ましいと言えます。いずれにせよ両者の違いを認識した上で、自社のニーズにあったシステムを導入・運用することが大切です。

人事業務の改善

男性

会社の人事部門では、業務負担を軽減してより重要な業務に注力できるようにするため、給与計算のような事務を給与計算アウトソーシング業者に委託するケースが増えてきております。委託にあたっては、給与規定や実務上の取り扱いといった自社の取り扱いを余すところなく伝えることが重要です。

詳細

事務作業の手間が省ける

PCと婦人

給与計算は重要かつ煩雑な仕事でありますが、会社の収益を拡大することには貢献しません。言わば非生産的な仕事です。給与計算システムを導入すれば、給与計算に要する時間や人を、本業に振り向けることができます。

詳細